『東京』をタイトルにできる日も近い

上京した。

上京したという言い方が好きなので、とにかく上京と言っておく。今の部屋のことをとても気に入っている。日光は部屋の中までは届かないけれど、日が暮れるまでは照明なしで暮らせる。まあまあそこそこ見晴らしもいい。遠くに小さな森、林?が見える。小さな森って林なのか…?

自分の部屋のことが既にめちゃくちゃ好きなのだけど、アクセスが絶妙なので、都内なのにちょっと不便で面白い。自転車を買うか、バスの定期券を買うか悩む。散歩の30分は苦じゃないのに、徒歩30分は億劫に感じる謎。

東京に来たらミンミンゼミが鳴いていたことが衝撃的だった。地元では大体クマゼミなので、ワシャワシャいってるのがセミだと思っていた。新居付近のセミは鳴いたと思ったらすぐ黙る。東京のセミは上品なのか。ここは犬の鳴き声もしないし、カエルもスズムシも鳴かない。東京はどこも騒がしいのかと思っていたけれど、私が住んでいるところは大通りから離れているというのもあって車の音もしない。こんなに静かだなんて思っていなかった。

夏だから暑いけど涼しい。吹く風は乾いているし、というか、常に風が吹いていることに驚いた。気温は違わないのかもしれないけれど、滲み出た汗が皮膚を覆うような暑さとは違うと思う。京都が暑いというのは本当だったんだな。

一人暮らしが始まって、初日は特に、自分の物しか家の中に無いことに違和感を覚えた。実家の自室とは違う感覚。帰りが遅くなるという連絡をしなくていいことや、お風呂を催促されないこと、今のところはかなり快適。親との折り合いはここ数年でうまくつけられるようになったけれど、それでも離れ時だったんだろうな。近くにいても仲良くやれるならそれは幸せなことだと思うけど。

生活ができて初めて、そのあとどう生きるかを考えることができる…という話をした。生活を立てていくことが当面(これから先ずっとかもしれない)稼ぐ目的になりそうで、今までお金に執着しないと思っていたのは生活を免除されていたからなのだなと痛感した。お金を稼ぐことにあんまり興味がないという話をすると黙って聞いてくれていた人たち、本当は苦笑いしたい気持ちだっただろうな。笑ったり否定したりせず聞いていただいてありがとうございます…。

引っ越しでほぼ全ての有り金を失ったので、今後の生活のことだけを考えている。それは未来を考えているのと同意なわけで、無意識に生命をつなごうとしている。生活のために生命をつなぐのか、生命をつなぐために生活をするのか、という矛盾しそうでしない話。どう生きるかはその後なんだろうなあ。そうやって歳をとるんだろうか。

社会人のモチベ、結局自分で生活すればモチベとか言ってられないことがわかった。一旦上がった水準を下げることはなかなか難しいし、私はたぶん今以下の生活をすることはもうできない。お金を稼いで生活をするということ、そういうことだったんだなあと思う。まだたぶん経験した方がいいことはたくさんあって、やっぱり自分の選択でできることは経験していきたいと思った。

生命に頓着しないというのも、それ以前に生活ができているからであって、目の前の生活がいっぱいいっぱいだったらたぶんそんなことは考えないんだと思う。生活が回らなければそれはそれで投げやりになるんだろうけれど、生活がギリギリできるくらいだったら生命のことなんか考えないのかもしれないな。

一人暮らしを始める、ということを話したら「新生活だね」と言われたけれど、確かにこれは今までにないほど新しくて、きっとこれが人生第二章なんだと思う。やらざるを得ないとはいえ、とても難しいことをやっているみんなまじスゲーと思う。みんな人生の舵取りをしている。仕方なくやっているとしても、生きているだけで偉すぎる。全員。

今さっきドバトの鳴き声が一瞬聞こえて、なんだか嬉しかった。あんなにうるさいと思っていたドバトの声に喜ぶ日がくるとはな。

オリンピックのこと、よくわからなくなってしまった。開会したら結局お祭りムードになったことも、なんだか取り残された気分になっている。私が見ているインターネットが世論すべてではないことはわかっているけれど、それでも開催前と今じゃ雰囲気が変わっている。本当にやるの?って言っていたこと、まだ数日前の話なんだけどな。なんだかんだ言って楽しかったでしょ、だから結果オーライだよねって誤魔化されそうで怖い。頑張っている人がいることは事実だけど、この皺寄せは誰にいくんだろう。頑張っていたらどんなことだってしていいのか?とかいう極論を投げそうになってしまう。

開会式で、各国の旗手がどうして男女なのか、それもよくわからなかった。多様性とか言うならどうしてそういうことになるんだ?同性同士だったら不平等なのか?もしかしてまだそうなのか…?私が性別を気にしすぎか…?ゲーム音楽が使われていたこと、適当に国民を盛り上げて黙らせようとしているのかなと思ってしまった。これ食わせとば黙るだろってあしらわれているように感じてしまった。あの曲が使われていたことが嬉しい人もいて、それはそれでいいはずなのに、私はどうしていいかわからない。なんだか自分ひとりだけずっと駄々こねてるみたいで悲しくなった。ずっとずっと、もやもやしている。

中止を求める40万人の署名は届かなかった。私の名前も、友人の名前も入っている署名。国民の声なんてもう届かないのか。内閣不信任案もだめだった。どうしたらいいんだろう。

コロナがあって、オリンピックがあって、政治の話題を口にしやすくなったような気がする。以前から友人たちとは政治の話はそれなりにしていたけれど、ブログに書いたり、SNSで発言したりすることはできなかった。でも、考えたり話したりすることはタブーではない。今のところ日本はそれを禁じてはいないわけだから、その間に政治が自分事になってよかった。本当に。自分の立場をはっきりさせることは怖いけれど、自分がどう思うのか考えることは大事だと思う。当たり前のことを言っているけど。

人生、考えること多すぎて難しい。生きるの本当に大変。…って言いながら、また目の届かない場所に押しやっている。「難しいね」と「大変だね」の専用埋立地は、いつ限界になってもおかしくない。

森と林の違いを調べたけど、木が生い茂って盛り上がってるのが森で、木が並び立ってるのが林らしい。こういう辞書を引けば出るような確かなことが世界にもっとあればいいと思う一方で、辞書に載っていないことがもっとあってほしいとも思う。どこまでもわがままだな。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中